むすびば閉会のご挨拶 共同代表 小野有五

「むすびば」に関わってくださった皆様へ

 あと数時間で、3月31日が終わろうとしています。

 2011年3月16日の最初のよびかけを行った責任者として、あらためて、これまで「むすびば」の活動に関わってくださったみなさま、おひとりおひとりに、心からの感謝をささげたいと思います。
 ほんとうに、ありがとうございました!

 「むすびば」の成功は、ひとえに、支援者、被災者という枠を早くからとっぱらい、みんなが一緒になって、札幌に避難されてきた方々とともに考え、行動してきたところにあったような気がします。これからもこのスタンスは変わらないでしょう。私自身、三陸への支援活動のなかで、疲労がたまり、不注意から死にかけたこともありました。津波に流されて亡くなった多くの人たちとともに、私も3.11にいちど死んだのだと思い、それ以後の人生は、神さまが生かしてくださっている時間だと考えるようにしています。津波からも、原発事故からも生きのびることができた私たちは、子どもたちのために、いま、できること、やるべきことをしなければ、と思います。

 3.11から、「むすびば」のような市民による支援組織をよびかけた3.16までの数日間の、悲しみと恐れと葛藤に満ちた時間を、あらためて思い出します。それを生き延びることができた私たちは、これから生まれてくる子どもたちが2度とそういう悲惨な体験をしなくてすむように、全力をつくさなければならないと思います。
 「むすびば」は、「NPO法人みみすますプロジェクト」や、さまざまな組織として、そのミッションを果たしていかなければなりません。これからも、それぞれの立場で協力しあい、「むすびば」で培ってきたパワーを、さらに継続させていただきたいと思います。

 あらためて、この3年間のご支援に心から感謝いたします!!

2014年3月31日
東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌(むすびば)
共同代表 小野有五

むすびば閉会のご挨拶 共同代表 みかみめぐる

2011年3月16日、
 札幌エルプラザの2階に集った百名近い市民は3時間の話し合いの末に被災者支援活動を行う市民グループを結成することになりました。
その場で25名余りの方が運営の中心を担おうと手を上げてくれました。一番後ろでこの話し合いに参加していた市民活動サポートセンターの職員さんが立ち上がり、「現場が責任を持ちます。市民活動サポートセンターの一角にこの支援活動の拠点を置くと良いです!」そう提案をしてくれました。この英断がのちのちの大きな活動を生んでいく基盤になったのです。

2011年3月25日、
 正式な発足集会をもち「東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌」(通称:むすびば)がスタートしました。

 避難してきた方達が早い段階から支援者としてむすびばのメンバーとなり、「むすびばは今一番必要とされている支援を行おう」と常に支援活動の最前線で市民力を発揮しました。実に多くの出会いが生まれ、沢山の汗と涙が流れました。

 大震災とつなみ災害と原発事故という日本がかつて経験したことのない今回の被災者支援活動は、行政も災害支援のプロも一般市民も皆同じように手探りの状態でした。
 そういう中でむすびばが少しずつ力を発揮できたことの大きな要因は、「創造力」と「行動力」を大事にすること、既成概念に捕らわれずに「ダイナミックな思考回路」を持つことこと、そして責任の主体を運営委員会において常に話し合いを重ねたことでした。

 緊急支援という合い言葉で集まったむすびばは、今ここに閉会します。
 そして4年目以降の継続的な支援を模索しつつ、それぞれ動きやすい形を再編集しながら活動していきたいと思います。(こちらをご覧ください→musundeG2.pdf

 この3年間の緊急支援活動のステージで出会うことのできた方達、全ての人生に幸い多きことを祈ります。
 そして何よりもわたくし達大人が子ども達の未来を明るく照らす灯火となれるように今後もそれぞれの場所で自分らしく頑張っていかれることを願ってやみません。

 むすびばの誕生から今日まで共に行動してくださった多くのみなさまに感謝を申します。
 みなさま、本当にお疲れさまでした。

2014年3月31日
東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌(むすびば)
共同代表  みかみめぐる

むすびば の発展的解消に伴うHPの今後

東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌 むすびば の発展的解消に伴うHPの今後

すでにご存じの方も多いかと思いますが、東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌 むすびば は、当月(2014年3月31日)をもって発展的解消をいたします。
それに伴い、当ホームページの今後のスケジュールをお知らせします。

  1. 当ホームページの更新は、2014年3月31日をもって停止させていただきます。
  2. ホームページは4月に入って閉鎖となります。
  3. 当ホームページは、むすびば活動3年間の記録として重要な価値を持っていると自負しております。その軌跡をいつでもアクセスできるよう、現在、整理・移管の準備を進めており、みみをすますプロジェクトのホームページ上でアーカイブとしてご覧いただけるようになります。
    その案内は、閉鎖間際の当ホームページとみみをすますプロジェクトのホームページに掲載予定です。http://www.mimisuma-sapporo.com

3年間、むすびばを支えて頂き感謝の念に堪えません。
本当にありがとうございました。

むすびば受付便り「むすんでひらけ」号外

多くの皆さまにお世話になりました、東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌(通称:むすびば)は、3月末をもって発展的解消をいたします。

musundeG2.jpg

むすびばの活動が、2014年4月以降どのような形で発展するのかを、「むすんでひらけ」に記載いたしましたので、ご参照ください。

また今後の活動については、引き続きのご支援をお願いいたします。

3年間、本当にありがとうございました。

むすびば一同
むすんでひらけ 号外→musundeG2.pdf

「むすびば ありがとうパネル展」(3/2~3/16 @札幌)

「むすびば ありがとうパネル展」開催中

IMG_4789s.jpg
◆日時:3月2日(日)~3月16日(日)17:00

◆場所:札幌エルプラザ2階交流広場
 (札幌市北区北8条西3丁目)
むすびばは、3月末もって発展的解消をいたします。むすびばの活動が、どのような形で進化してきたのかを振り返るために、活動パネル展を企画いたしました。
むすびばとしての最後のイベントとなろうかと思います。ぜひご覧ください。

「むすびば」窓口 終了のご挨拶

むすびばのみなさま 
  
12/26(木)をもちまして、札幌エルプラザの「むすびば」窓口、私たち受付チームの活動は終了します。みなさまこれまでありがとうございました。 
ごあいさつとして、メンバーひとりひとりからのメッセージをお送りします。
P1030655.JPG

(さらに…)

むすびば受付便り「むすんでひらけ」第23号発行

むすびば受付窓口からのお便り
「むすんでひらけ」
最新号を発行しました。

むすんでひらけNo23_ページ_1.jpg

<掲載記事>
・「みなさんありがとう」交流会、盛会に終了(事務局長 東田秀美)
・メッセージ 福島県郡山市「イノカフェ」の横田麻美さん
・あぶくま便り12(本田敬子さん 元・受付チームメンバー)
・むすびばの発展的解消に伴う事務的なお知らせ

【報告】むすびば「みなさんありがとう」交流会(12/7 @札幌)

みなさまへ
むすびば「みなさんありがとう」交流会は100名近い方達にご参加いただき、とても和やかに札幌むすびばの活動の軌跡を振り返ることができました。
IMG_2671.JPG
みちのく会さんはじめ当別やニセコ、南富良野からも他団体の方達にお越しいただき、北海道NPOサポートセンターや札幌市市民活動サポートセンターの方達にもご参加いただきました。
IMG_2681.JPG
2011年、2012年、2013年に札幌に避難移住された方達、なとなど、実に多彩な顔ぶれにお集まりいただき、むすびば各チームの古いメンバーも含め皆大変感激しました。

(さらに…)

むすびば「みなさんありがとう」交流会(12/7 @札幌)

むすびば・発展的解散に向けて
「みなさんありがとう」交流会
ありがとう交流会.jpg
◆日時:12月7日(土)
     17:00~20:00

◆場所:北海道クリスチャンセンター
     2Fホール
    (札幌市北区北7条西6丁目)

(さらに…)

2013冬 ほよ~ん相談会@福島県

今年最後となる現地相談会「2013冬 ほよ~ん相談会」(311受入全国協議会主催)11/30(土)と12/1(日)福島県西白河郡西郷村郡山市で開催します。
hoyo13winter12.jpg
札幌むすびばからは、この相談会の責任者の一人であるみかみ共同代表と、みみをすますプロジェクトの「こころとからだの相談室」の北川医師が参加します。
この相談会にはどちらにお住まいの方もご参加いただけます。
全国から保養や避難の受け入れをしている団体が集まる貴重な機会です。
ぜひお知り合いにお伝えください。
直前のご案内となり申し訳ありませんが、ご来場をお待ちしています。

(さらに…)