エルプラまつり報告

9月10日(土)に札幌エルプラザで開催された『エルプラ祭り』にむすびばも出展しましたので、その報告をします。

DSC_2617.JPG
DSC_2636.JPG

毎年恒例のエルプラ祭りですが、今年は震災支援を全面に打ち出したものとなりました。
当然、「むすびば」が正面イベントとなり、エルプラザ1Fの正面玄関脇に大きくスペースをとり、被災者支援、被災地支援をアピールすることが出来 ました。
出店内容は、まず、二人の作家による写真展でした。
一人はネイバーズの吉田泰三さんで、震災直後から福島県を中心に足を運び、現地の状況を納めた写真を展示させて頂きました。
もう一人は菅野義樹さんの写真でした。菅野さんは福島飯舘村で牧畜を営んでいたところに原発事故に遭い、札幌に非難されてきました。飯舘村での平和な暮し、風景を記録した物を展示させて頂きました。
DSC_2620.JPG
DSC_2628.JPG

DSC_2626.JPG
むすびば受付はこの日だけ1Fロビーにお引っ越しをし、受付業務を行いました。
そして、絵本やはがき・クッキー、様々な民芸品・楽器なども販売し、支援資金とさせて頂きました。
結ミサンガチームは、ロビーにカーペットを敷き、ミサンガ編みを行い、訪れた市民共に支援活動を共有することが出来ました。
今回のイベントでは、仲間の支援で大きなむすびば横断幕うけいれ隊フラグを作って頂き、ひときわ市民の目を引くことが出来ました。
むすびば独自での募金活動も行いましたが、エルプラザ全体での出展者からも売上金の中からむすびばへの支援として募金を頂くことが出来まし た。中には、小学生チームがカフェを開き、その売上金のすべてを寄付してくれました。
今回の取り組みには、たくさんのスタッフが労力を持ち寄ってくれました。中には初めて参加してくれた学生も居りました。20名を上回るスタッフに より準備・運営され、200名を上回る市民が参加してくれました。
ありがとうございました。
(報告:長谷川 譲)