ホーム » 支援活動 » 被災者の支援 » <募集>釜石へ わかめボランティア・スタディツアー

<募集>釜石へ わかめボランティア・スタディツアー

岩手県釜石市の「箱崎漁港」で、わかめづくりのレクチャーをまじえたボランティア活動を行います。人手の必要なわかめ種の手入れ作業を行う予定です。
NPO法人ねおすと宝来館の協力開催です。
【日時】 2011/9/22日(木)~24日(土)
【参加費】 2泊3日6食付 19,000円
【定員】 JR釜石駅発着 10名
【詳細】

【地元の漁師さんからのコメント】
「ボランティアと漁業体験を組み合わせて、ファンづくりにつなげたい。
新しい取り組みとして『ワカメロープ1本オーナー制』みたいなこともしていきたい。次の世代、若い漁師たちが夢や希望を持てるような漁業として復興させたい。」
ボランティア作業終了後には地元のお母さん方からの最高のおもてなしが待っています。
【プログラム内容概略】 ・・・天候や資材の発注状況により左右されることがあります。
■011/9/22(木)
 午前:JR釜石駅11:30集合
 昼食:箱崎漁港内にて、大槌町のお母さん方のお弁当
 午後:箱崎漁港にて、ボランティア作業
    漁師さんと専門家さんによるディスカッション&レクチャー
 夕食・宿泊:宝来館(漁師さん達とBBQ)
■2011/9/23(金)
 午前:箱崎漁港にて、ボランティア作業
 昼食:宝来館の「ちゃんちゃん焼き」
 午後:ボランティア作業
 夕食・宿泊:橋野地区多目的集会施設(地元のお母さんG「山のカフェ」の旬の地元料理)
 夕食後~「あの日の物語り」地元の方々の夜話→津波によるさまざまな人間模様
■2011/9/24(土)
 午前:橋野エコツアー(以下の二つから、一つを選んで下さい。どちらも地元の方が案内・講師)
      ①橋野高炉跡見学
          ②砂鉄、もち石の採集と橋野の鉄の歴史・暮らし講座”
 その後、橋野直売所「どんぐり広場」で買い物
 午後:釜石駅周辺散策(12:00~)
   JR釜石駅付近のシープラザにて、お昼ごはん(各自負担)と買い物
   JR釜石駅14:00頃解散
※宝来館は東日本大震災の影響により、通常営業が出来ない状況が続いております。
 今回の宿泊については、被害を受けていない3階と4階のお部屋を用意いたします。
 なお、当館の3階以降は「津波避難ビル」に指定されており、裏手には避難道が整備された裏山を備えております。
 復旧工事が続く中で、満足いくお迎えが出来かねますが安全面については十分な対応をさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
 (宝来館 女将 岩崎昭子)
【準備物】
長靴、マスク、ゴーグル、ゴム手袋、ビニール袋、カッパ等、着替え類、参加費、寝袋、その他お泊り道具など
【申込先】 担当:伊藤 ito@neos.gr.jp
 ・定員になり次第締切ます。
 ・申込者には添乗員の連絡先電話番号などをご連絡いたします。
 ・急なキャンセルの場合は実費負担が発生する場合があります。
 ・メールにて以下をご連絡下さい。
  ①お名前と性別
  ②ご住所
  ③携帯電話番号
  ④携帯メールアドレス
  ⑤緊急連絡先の電話番号を一つ(ボラスタツアー参加を伝えた方の電話番号)
  ⑥生年月日
  ⑦ボランティア保険 加入有無
  ⑧所属または学校名
【釜石までの往復】
・東京~釜石、仙台~釜石、盛岡~釜石間
   岩手県交通 http://www.iwatekenkotsu.co.jp/
・北海道内~釜石
  ★JR北海道「北東北フリー切符」 http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/g_3.html#kita など
     (JR北海道予約センター 札幌 011-221-1489 )
  ★シルバーフェリー「札幌・八戸なかよし切符」 など
     (予約センター 0120-539-468 ネット申込1割引)
わかめボランティアスタディツアー「にわか漁師すっぺし!」、ぜひご参加下さい。