ホーム » 事務局よりお知らせ » 関連イベント・学習会 » 講演会「放射能 汚染地の今とこれから」(9/24・札幌)

講演会「放射能 汚染地の今とこれから」(9/24・札幌)

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表の中手聖一さんの講演会
『放射能 汚染地の今とこれから』
◆日時:9月24日(土)18:00 ~ 20:00
◆場所:かでる2・7(4F 大会議室)札幌市中央区北2条西7
◆資料代:500円
◆会場では託児コーナーを用意しています。ご利用希望の方は事前に申し込んでください。

福島第一原発事故がもたらした深刻な放射能汚染。もうすでに半年もの月日が過ぎてしまいました。
政府は必要な避難・疎開政策を行わず、福島の汚染地帯にはまだ9割以上の子どもたちが残ったままです。
子どもたちの体は放射能で傷つき、このままでは大変な健康被害を招いてしまいます。
一日も早く、子どもたちを放射能の被害から守るため、私たちには何ができるのか?
福島からの報告を聞き、行動を起こすため共に考えたいと思います。
◆中手聖一プロフィール
震災後、「原発震災復興・福島会議」を立ち上げ、行政に先駆けていち早く学校の線量測定や調査結果の分析を実施。記者会見などで情報を開し、市民層への働きかけを始める。
5月1日、保護者を中心とした市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」を結成。代表を務める。
政府や福島県に子ども達の20mmSv 問題や避難・疎開・除染など被ばくに関する施策を提言。
自立生活センター職員としても30 年間、障害者と地域住民をつなぐ活動を続けている。
◆主催:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、むすびば
◆問い合せ先:むすびば・くらし隊 070-5616-1267
 mail: kodomo@shien-do.com