ホーム » 未分類 » 東日本大震災後のボランティア活動を通して見えてくるもの(11/26・札幌)

東日本大震災後のボランティア活動を通して見えてくるもの(11/26・札幌)

今、私達になにができるか
―東日本大震災後のボランティア活動を通して見えてくるもの―
3・11の大震災から8ヶ月たった今、長期で、ボランティアにかかわってきたNPO団体の代表と学生とボランティアにいった大学の先生をお迎えして、その活動の報告、問題点などを語っていただきながら、これからの支援に関して一緒に考えていきたいと思います。
◆日時:11月26日(土) 15:30分~19:00 
◆会場:共済サロン 4階 カンファレンスルーム N1
    札幌市中央区北4条西1丁目(共済ビル内)
◆入場:無料

第一部 各ボランティアグループによる報告
   「むすびば」「NPOねおす」「福島からの避難者」「北星学園大学」
第二部 話し合い
第三部 東北支援コンサート
   札響のオーボエ奏者岩崎さんと「奏楽」の皆様
主催  犬養道子基金を支える市民の会(通称ライラックの会)
後援  札幌市 札幌市教育委員会 北星学園大学 むすびば
連絡先 ライラックの会 白石コウ
    FAX011-373-4948 携帯電話090-8639-8625