ホーム » 支援活動 » 被災者の支援 » 道内に避難された方へ » <報告>札幌で冬休み・保養 (2日目)

<報告>札幌で冬休み・保養 (2日目)

*****「札幌で冬休み」報告 12 / 25  ( 2日目)  *********

DSC_3425A.JPG

今日はマイナス気温日。風が吹いているので余計に寒い。
 朝 9 時ちょい前に宿舎に行くと、みんなちゃんと仕度をして待っている。
「どう、ゆっくり眠れた??」「眠れたぁ~! ! 」元気な返事でよしよし。
午前中は全員で円山動物園へ行き、お昼ご飯も動物園で・・。
「動物園楽しかった?」
「うん、シマクマがぁ~」
「えっ、それってシマウマ??   、それともシロクマ?? 」
「そんなことわかんなーい」 う~ん、三歳児は面白い。
幼児組はママと一旦宿舎に戻って休憩。

午後からまったりインドアしたい中学生男子達。
そんじゃあまずレンタルビデオ屋へ。
幼児用、小学生女子用、そして俺ら用・・・計 9 枚レンタル。
中学生男子組は実は生徒会長、副会長、会計ということが帰りの車内で判明。
「おっ、旅する生徒会だねぇ~」
「ま、そんなもんです」 みんなゲラゲラ笑う。
なんだか楽しそうで旅する生徒会はいい感じ。
昨日から子ども達のお世話係に就任した小春ちゃん登場。
長野暮らしだったけどずうっとむすびばのML会員でいてくれた彼女は、
つい最近長野を引き払って宿舎の直ぐ近所の実家に帰ってきた。
素晴らしいタイミング。ありがとう小春ちゃん。
中学生男子組がまったりビデオしている間、小学生女子組は小春隊長と意気投合して小別沢の雪山を登って遊ぶ。
「キャー !! 」とレモン色の声が雪山に響く。
やぎ屋さんの猫は耳だけ動かして丸くなって寝てる。
午後 1時から地域に暮らす吉岡さんが一家で手伝いに来てくれる。
吉岡さんちの中学生と小学生の息子さん達もまったり交流。
夕方 5時からやぎ屋さんでクリスマス会。
一緒に郡山を出発し、苫小牧からは別行動していたチカちゃんも加わり、近所に暮らしている郡山市から自主避難の一家 (生後二ヶ月の赤ちゃん)や最近福島市から自主避難してきた独身女性のさっちゃんも参加。
テーブルに並んだ手作りのご馳走と三種類のケーキに子ども達は大喜び。
たっぷりいただいた後は子ども達から順番に自己紹介。小さな子もちゃんと言えました。
ピアノを弾いてくださる方もいてムード満点なところに、サンタクロースとトナカイ君の登場。
16名の子ども達は一人づつサンタさんからプレゼントをもらい、盛りだくさんな二日目も無事終了。
うけいれ隊の工藤さんと奥田さん、一日中料理や後片付けの色々をありがとう。
そしてそして、やぎ屋の温子さんはじめやぎ屋のみなさん、
里山の冬の暮らしの良さが心にしみる良いクリスマスでした。
ありがとうございます~~☆
くらし隊 みかみめぐる