ホーム » 事務局よりお知らせ » 関連イベント・学習会 » フォーラム「東日本大震災から考える、持続可能なコミュニティのあり方」(2/2 @札幌)

フォーラム「東日本大震災から考える、持続可能なコミュニティのあり方」(2/2 @札幌)

震災関連のフォーラムのご案内です。
基調講演には気仙沼市教育委員会の伊東課長補佐をお呼びしますが、なかなか北海道では聞けないお話しだと思います。
また、パネルディスカッションにはむすびば事務局長の東田さんもお迎えします。
お時間のある方は是非、お越しください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域ESD学びあいフォーラム
「東日本大震災から考える、持続可能なコミュニティのあり方」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ESD を推進する多様な関係主体が互いに学びあう場をつくり、北海道におけるESDを推進することを目的に、「地域ESD学びあいフォーラム」を開催します。
テーマは、「東日本大震災から考える、持続可能なコミュニティの在り方」
持続可能な地域を考えるとき、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の経験を抜きには語れません。被災地では、地域によって外部からの支援の量と質や復旧・復興の早さ等が異なり、そこには持続可能な地域の在り方に関するヒントが多く見られます。
今回は、基調講演の講師として全国的にもESDを先駆的に進めている気仙沼市の教育委員会から伊東毅浩氏をお招きし、震災後に実感したESD活動の意義などを中心にお話していただきます。
また、パネルディスカッションでは、震災とコミュニティづくりに関わる方々をお招きし、持続可能な地域について討論していただきます。
震災での経験を無駄にしないためにも、地域に関わる人々が主体となって持続可能な地域を作り出していく方法を一緒に考えてみませんか?
※ESD=持続可能な開発のための教育 Education For Sustainable Development
 ■開催日:2012年2月2日(木)13:30~17:00
 ■会場:札幌市環境プラザ 環境研修室1・2
    (札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2階)
 ■定員:50人
 ■対象:町内会連合会、学校教育、社会教育、
     生涯教育に携わる行政担当者、
     学生など、ESDやまちづくりに関心の高い方
 <プログラム>
 13:30 開会の挨拶
 13:40 基調講演:
      震災で見えた 日頃のESD活動の重要性と地域のつながり
     講師:伊東 毅浩 氏
     プロフィール:
      気仙沼市教育委員会 学校教育課 課長補佐。東日本大震災の
      発生時、避難所となった気仙沼中学校において避難所運営を
      任される。800人が集まる避難所を1つの村と考え、
      直面する課題を1つ1つクリアした経験をもつ。
      現在は、「震災で生かされ、”語り部”として
      生きていくことを決心した。人間は一人ではないこと、
      地域や国をつくっていくのは自分たちだということを伝えたい」
      と全国行脚を続けている。
      気仙沼の子供ミュージカル劇団『うを座』の事務局長も勤める。
 14:40 パネルディスカッション
     震災から学ぶ持続可能な地域のつくり方
  コーディネーター:
   宮内 泰介 氏
   (NPO法人さっぽろ自由学校「遊」共同代表、
    北海道大学大学院教授)
    ※宮城県石巻市の旧北上町におけるコミュニティ再生にも
     取り組んでいる。
  パネリスト:
   伊藤 毅浩 氏
   酒匂  徹 氏
   (自然農園ウレシパモシリ代表、パーマカルチャーデザイナー)
    ※岩手県花巻市で風土に根ざしたデザインを模索しながら
     「自然農園ウレシパモシリ」を主宰。震災以降、
     三陸沿岸部での支援活動にも取り組む。
   東田 秀美 氏
   (北海道避難者受入団体協議会共同代表、むすびば事務局長)
    ※主に札幌への避難者支援を行っている。
 16:50 休憩
 16:00 ミニワークショップ
     持続可能なコミュニティに必要なものとは?
      ※会場の皆さんと一緒に考えていきます。
 17:00 閉会
 ■主催:EPO北海道
 ■共催:財団法人北海道国際交流センター、
     NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
 ■協力:ソーシャルベンチャーあんじょう屋本舗
 ■お申込み方法:
  お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス,電話番号)を
  以下のお申込み先までHP、E-mail、FAX のいずれかの方法で
  お知らせください。
 ■お申込み先:
  環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO 北海道)
  E-mail epoh-webadmin@epohok.jp
  FAX 011-596-0931
 ■お申込み期限:平成24 年1 月31 日(火)
 【問い合わせ先】
  環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道) 担当:有坂
   〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目11番地 大五ビル7階
   TEL.011-596-0921 / FAX.011-596-0931
   E-mail epoh-webadmin@epohok.jp