ホーム » 事務局よりお知らせ » 関連イベント・学習会 » ご案内 「余市で休日を過ごしませんか?」(6/9-10@余市)

ご案内 「余市で休日を過ごしませんか?」(6/9-10@余市)

「余市で休日を過ごしませんか?」

余市教育福祉村は、小高い丘の斜面に位置する果樹園に囲まれた自然いっぱいの場所で、子どもたちをのびのび遊ばせるには最適です。
敷地内には農場があり、自炊設備が整った施設もあり、宿泊もできます。
6月休日のひととき、ここでゆったりと過ごすのはいかがでしょうか?

日時:6月9日(土)~10日(日)
   ※日帰りでも宿泊でもOK。ご都合のよい時間にどうぞ。
場所:NPO法人 余市教育福祉村センターハウス(余市町登町636)

◆内容:
 ご家族それぞれのペースで、余市での休日を一緒に楽しみましょう。
 自由参加プログラムもご用意しています。なお、10日午前中は地元余市の子どもたちと一緒の「農体験会」を予定しています。


◆対象:東日本大震災の影響により北海道に避難・移住されている方
    (対象外の方はご相談下さい)

◆参加費:《日帰り》 大人 400円 / 小学生 200円 (幼児無料)
     《宿泊》  大人1500円 / 小学生 750円
        
 ※定員約30名。定員を超える申し込みがあった場合は次回に優先
  して回っていただきたいと思います。
 ※布団は少し古いので、気になる方はシュラフや毛布等ご持参下さい。
 ※ご家族で個室もご利用いただけます(4部屋あり。同料金。)

◆食費:小学生以上 朝食200円 昼食150円 夕食400円
 ※農場や地元の野菜・食材を使います。
  お子さんたちもよかったら一緒に作りましょう。
 ※飲み物、アルコール類、おやつ、おつまみ類はご自由にご持参ください。冷蔵庫あります。

◆あるとよいもの:汚れてもいい靴か長靴、軍手、着替え、
  外遊びの道具、部屋遊びの道具(トランプ類)など。

◆アクセス:1 自家用車でご自分で
      2 スタッフ車に同乗
      3 JRで余市駅(駅から会場まで送迎できます)
      4 高速バスで旭中学校(バス停から会場まで送迎できます)

◆お問い合わせ・申し込み:
 Eメール:i-da@qb3.so-net.ne.jp 
 電話:090-8705-8847 (いいだ)
 ※下記のことをお知らせください。
  1参加人数(大人、子ども) 2参加時間帯 3食事 4移動手段

◆主催:余市で過ごす休日実行委員会 
    飯田知樹(むすびば・うけいれ隊・子どもチーム)
    宮井真由(余市教育福祉村スタッフ)
    津田光子(太平子どもの家後援会)

◎NPO法人 余市教育福祉村はこんなところです

自然いっぱいの農場で、農・自然体験・食育活動を通し子どもや若者の健全育成を図る場です。余市教育福祉村は、村の思いに賛同する会員が納める年会費によって運営されています。誰もが気持ちよく利用できるように、農場や施設を大切に利用しましょう。

※子どもたちは、天気がよければ農場内を思う存分走ったり転げたりして遊べます。遊具も設置されており、木登り、木に吊ったブランコもあります。簡単な農作業も楽しめます。

※雨天時は敷地の建物(センターハウス)の中で自由に遊ぶことになります。ピアノ、マリンバ、囲碁の他、少ないですが、本、絵本、もあります。テレビはありません。みんなで遊べるボードゲームも持参予定。

※大人は…天候がよければ敷地の斜面に寝転がって余市の海を眺めながらボーッとしたり昼寝もいいですし、センターハウス内での歓談、楽器(タイコ類)もありますので、外で思いきり鳴らしてストレス発散もいいかもしれません。近くに温泉もありますよ。

〈余市教育福祉村ホームページ〉
 http://www.geocities.jp/fukusimura/sisetu2.html

チラシ→余市で休日20120609.pdf