ホーム » 支援活動 » 被災者の支援 » 現地レポート » 【報告】訪問型学習支援付き保養プログラム「つばさ」in山形県

【報告】訪問型学習支援付き保養プログラム「つばさ」in山形県

tubasa-linkbox.png

「つばさ」が無事に終了しました。
特設サイトに、その開始からの様子を掲載しておりますのでご覧ください。

この事業を実施するために多くの方達にご協力をいただきました。
特にスタッフとして関わっていただいた方達には大変なご尽力をいただきました。こども達の笑顔は全てみなさまの愛情のお陰様です。
学習支援という大きなテーマは今後の支援活動に色々な形で反映させていきたい課題です。この課題を見つめることで日本全体のこども達の状況も見えてくるでしょうし、学校や教育というものを基本的に見つめ直す機会にもなっていくのだと思います。また被災地の現場で苦労されている教師の方達との連携も求められています。全てはこれからの創造的な努力にかかっています。
今回ご縁をいただいた方達とは、今後とも色々な場面でお互いに支え合い力を出し合う関係でありたいと願っております。
本当にありがとうございました。
むすびば共同代表 みかみめぐる