ホーム » 支援活動 » 被災者の支援 » 札幌及び近郊で自炊できる宿泊施設を探しています。

札幌及び近郊で自炊できる宿泊施設を探しています。

うけいれ隊では冬の一時保養の実施を計画しています。
放射線による健康被害の不安を抱えながら地元で暮らすことを余儀なくされている多くのご家族がいます。原発事故に対する抜本的な対策が実施されず健康被害も出てきている現状で、特にこども達の一時保養の実施はますます必要とされています。
うけいれ隊では、遊休宿泊施設や利用されていない戸建住宅などを一定期間利用させていただき、滞在期間の生活は地元のボランティアがサポートする一時保養を計画しています。一時保養を継続して行くために是非ご協力をお願いします。

期間:12月20日~12月30日(可能であれば1月20日程度まで)
場所:札幌及び近郊。宿泊施設から徒歩でバス停が利用できること。
設備:6部屋前後の個室と共有で利用するキッチンと居間が必要です。
(戸建住宅であれば6LDK前後の物件に相当)
家電、家具、寝具等はこちらで用意しますので暖房と水道が利用できる一軒家などイメージしています。
費用:賃貸物件の相場に相当する費用と清掃など退去費用、保険などをお支払します。必要になる費用に関してはご相談ください。
今回は上記の期間で実施を計画していますが、それ以外の期間でお借りできる場合もお知らせください。できるだけ一時保養の実施に繋げていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
担当:尾形秀司 Email:ogatas922@★gmail.com
(★を@に変えてください)