ホーム » 事務局よりお知らせ » むすびば閉会のご挨拶 共同代表 小野有五

むすびば閉会のご挨拶 共同代表 小野有五

「むすびば」に関わってくださった皆様へ

 あと数時間で、3月31日が終わろうとしています。

 2011年3月16日の最初のよびかけを行った責任者として、あらためて、これまで「むすびば」の活動に関わってくださったみなさま、おひとりおひとりに、心からの感謝をささげたいと思います。
 ほんとうに、ありがとうございました!

 「むすびば」の成功は、ひとえに、支援者、被災者という枠を早くからとっぱらい、みんなが一緒になって、札幌に避難されてきた方々とともに考え、行動してきたところにあったような気がします。これからもこのスタンスは変わらないでしょう。私自身、三陸への支援活動のなかで、疲労がたまり、不注意から死にかけたこともありました。津波に流されて亡くなった多くの人たちとともに、私も3.11にいちど死んだのだと思い、それ以後の人生は、神さまが生かしてくださっている時間だと考えるようにしています。津波からも、原発事故からも生きのびることができた私たちは、子どもたちのために、いま、できること、やるべきことをしなければ、と思います。

 3.11から、「むすびば」のような市民による支援組織をよびかけた3.16までの数日間の、悲しみと恐れと葛藤に満ちた時間を、あらためて思い出します。それを生き延びることができた私たちは、これから生まれてくる子どもたちが2度とそういう悲惨な体験をしなくてすむように、全力をつくさなければならないと思います。
 「むすびば」は、「NPO法人みみすますプロジェクト」や、さまざまな組織として、そのミッションを果たしていかなければなりません。これからも、それぞれの立場で協力しあい、「むすびば」で培ってきたパワーを、さらに継続させていただきたいと思います。

 あらためて、この3年間のご支援に心から感謝いたします!!

2014年3月31日
東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌(むすびば)
共同代表 小野有五