ホーム » 支援活動 » 被災者の支援 (ページ 2)

カテゴリー別アーカイブ: 被災者の支援

一時保養『さっぽろで夏休み2013』(7/21~7/29)の参加者を募集中

札幌で夏休みを過ごしませんか?

うけいれ隊では、
一時保養『さっぽろで夏休み2013』の参加者を募集しております。
http://www.ukeire2011.net/archive/158

みなさまのご参加をお待ちしております。

◆実施期間:2013年7月21日~7月29日

◆募集地域:福島県及び放射能被害のリスクがあるエリアの居住者
◆募集人員:保護者(お母さん)と子ども 30名
    
(お子さんだけの参加はできません。コテージでは相部屋に
     なりますのでお父さんの参加はご遠慮いただきます。)

◆宿泊場所:ホテル 札幌 ユニオン(4泊予定)
        札幌市中央区南3条西12丁目
        http://www.jalan.net/yad348827/ 
        食事は各自でご用意ください。

        キャンプ場のコテージ(2泊予定) 5月28日に決定
        キャンプ場では自炊
        (基本的な自炊用具は、主催者側で準備いたします。)

◆参加費用:大人1人 1万円 (高校生まで無料)

◆主  催:うけいれ隊
◆札 幌 市 さぽーとほっと基金助成事業

(さらに…)

むすびば受付便り「むすんでひらけ」第18号発行

むすびば受付窓口からのお便り
「むすんでひらけ」
最新号を発行しました。
<掲載記事>
・リフレッシュキャンプin いわき&那須塩原相談会
 つながった被災地側のネットワーク(共同代表 富塚 廣)
・こだまプロジェクト第三弾
 「311 むすびばフォーラム みつめなおす福島」
 高村美春さんを迎えて(くらし隊 宍戸 隆子)
・あぶくま便り8 ~福島より~
・むすびば、三年目の歩みに向けて(共同代表 みかみ めぐる)
 

【報告】リフレッシュキャンプinいわき&那須塩原相談会(2/23-24 @いわき市、那須塩原市)

共同代表の富塚です。
全国の保養避難の受入れ団体のネットワーク「311受入全国協議会」(略称・うけいれ全国)は「リフレッシュキャンプinいわき&那須塩原相談会」を2月23、24日に実施しました。
福島県浜通りでは初めて開催するいわき市、そして県境の栃木県那須塩原市、いずれも初めての開催地です。
いわき市は「比較的線量が低い」と言われ、中通りとくらべるとあまり注目されませんでした。
しかし、事故直後の放射能プルームは中通りよりも浜通りに広がったことがわかり、子どもたちの甲状腺への影響を心配する保護者が多いのです。
同様に「福島県の外側だから」と、公的支援や民間支援から取り残されてきた県境ですが、放射能のプルームは関東平野へも広がっていきました。
栃木県北部の那須塩原市はもっとも線量の高い地域の一つです。

02234~1.JPG  

(さらに…)

311フォーラム「みつめなおす福島 それぞれの選択」(3/11 @札幌)

こだまプロジェクト・第三弾

311フォーラム
「みつめなおす福島 それぞれの選択」
東日本大震災および福島第一原発の爆発事故より二年。
復興の声が大きくなる一方で、見えなくなっていくものがあります。「外」からは見えない「福島」と原発事故に翻弄され続ける私たちの現在を、新たに問い直します。
◆日時:2013 年3 月11 日(月)PM7:00 ~ 9:00
◆場所:エルプラザ4階大研修室(札幌市北区北8 条西3 丁目)
◆内容:
 第一部 南相馬市の高村美春さんのお話
 第二部 福島在住者、北海道避難者、支援者による
      パネルディスカッション
 (高村美春さん、中手聖一さん、鈴木哉美さん、安斎伸也さん 他)

(さらに…)

保養と移住の相談会 (2/22,23 @福島県いわき市、栃木県那須塩原市)

◆リフレッシュ・キャンプ相談会 in いわき&那須塩原◆
  移住相談と健康相談と法律相談もできます
春休みと新年度を前に、全国の受け入れ支援団体が初めて、いわき市と那須塩原市に集まります!
春休みのキャンプ、いつでも行ける家族保養、年度替わりでの移住などについて説明します。
放射能を気にしながらの生活から離れて心と体を休ませましょう。
その他、健康に関すること、法律に関することも、相談に応じます。
子どもスペースや北海道野菜のプレゼントもあります。
予約不要、参加費無料、お気軽におこしください。
02234保養相談会チラシ.jpg

(さらに…)

むすびば受付便り「むすんでひらけ」第17号発行

むすびば受付窓口からのお便り
「むすんでひらけ」
最新号を発行しました。
<掲載記事>
・311 受入全国協議会 四日市会議報告(共同代表:富塚 廣)
・伊勢市長懇談会報告(共同代表:富塚 廣)
・あぶくま便り8 ~福島より~
・キッズハウス第1回活動報告

【ご案内】税理士による無料税務相談(2/23 @札幌)

無料税務相談会
東日本大震災(その後の原発事故を含みます)により被災された納税者及び避難者の皆様の円滑な納税義務の履行を支援するため、「税理士記念日(2月23日)」事業の一環として、税理士による無料税務相談を実施します。
◆日時:2013年2月23日(土) 午前10時~午後5時
◆場所:京王プラザホテル札幌 地下1階チェリールーム
    札幌市中央区北5条西7丁目2-1(札幌駅より徒歩5分)
    011-271-0111

(さらに…)

【参加者募集】健康棒で心と身体をほぐす会(2/23 @札幌)

「健康棒で心と身体をほぐす会」
札幌の長~い冬、ついつい家にこもりがちで、からだ、固まっていませんか? 身体が固まると、なんだか気持ちまで硬くなっちゃいますよね。
むすびば・いやし隊の小山内先生による健康棒マッサージを体験してみませんか。
健康棒楽々マッサージ・楽々ストレッチとは、棒1本で全身の「気・血・水」の流れを調整し、体調を改善するとても楽しい健康法です。
叩く、擦る、押す、引っ張る、転がす…、いつでもどこでも使えます。頭も体も瞬間スッキリ!気になるむくみもとても楽になりますよ。からだゆるゆる、こころほっこり、みんなでにっこり、元気になりましょう。

(さらに…)

第1回キッズハウス開催のお知らせ(2/3 @札幌)

あの震災からもう少しで2年が経とうとしています。
子どもたちは決してその体験を忘れてはいません。
お子さんたちのことで悩まれているたくさんのお母さん、お父さんの声をうけいれ隊は聴いてきました。
キッズハウスとは、このような子どもたちが、思うままに遊び、大切なものを失くした自分の思いや体験を語りあう場です。
自分の思いを言葉にし、他のひとの思いを聴くことを通じて互いを支え合う場です。
子どもたちが閉ざしているかもしれないこころの部屋を、ゆっくりと開いていけるように、ご一緒にいらしてください。
日 時 2013年 2月 3日(日)13:00~14:30
会 場 むくどりホーム内
     札幌市南区藤野2条1丁目13-10

(さらに…)

「もくいく・あそびば!」のご案内(1/19 @札幌)

サークルの中に25000個の木の玉”きっころ”が入った木の砂場をはじめ、木のおもちゃがいっぱい。赤ちゃんから大人まで、木の本来の持つぬくもりや優しさを体で感じてください。
日 時:平成25年1月19日(土)11:00~15:00
     出入り自由、お好きな時間に来て下さい。
会 場:札幌エルプラザ 1F 情報センターイベントスペース
     札幌市北区北8条西3丁目 TEL 011-728-1223
参加費:無料
◆対象年齢:赤ちゃん~大人まで(保護者の方がついて遊んで下さい)

(さらに…)